『e早特』で特急列車のグリーン車が激安に! さらにトクする裏ワザも紹介

この記事がおすすめの人

  • 特急列車のグリーン車におトクに乗りたい人
  • 『e早特』について知りたい人
  • 学生の人

『e早特』とは?

『e早特』とは、JRが発売する格安切符のことで、西日本の特急グリーン車におトクに乗れるきっぷです。

なんと指定席+数百円の値段でグリーン車が利用できたりと、とてもおトクなきっぷです。

そこでこの記事では、e早特でグリーン車におトクに乗る方法について紹介していきます。

学割や障害者割引と組み合わせて、さらにおトクにするテクニックも紹介しますので、ぜひご覧ください。

 

『e早特』の解説

ではまず、『e早特』について簡単に紹介します。

e早特のPOINT

  • 西日本の特急列車グリーン車がおトク!
  • 『J-WESTカード会員』『JQ CARD』限定きっぷ
  • 3日前までに『e5489』よりネット予約がが必要
  • 乗車券は別途購入可

先ほども紹介した通り、JR西日本特急列車のグリーン車がおトクに利用できるきっぷです。

主な特急列車の主な区間で利用できます。

そして注意していただきたいのは、このきっぷが『J-WESTカード・JQ CARD会員限定きっぷ』であるということ。

JR西日本のクレジットカード『J-WESTカード』またはJR九州の『JQ CARD』を持っている人のみ購入できます。

J-WESTカードについて知りたい方はぜひこちらの記事をご覧ください。

関連記事

J-WESTカードをつくろうか悩んでいる人 J-WESTカードを持っている人 カード会員限定きっぷには何があるか知りたい人J-WESTカードでお得な旅行・通勤・通学を!JR西日本のクレジットカード『J[…]

 

また、このきっぷは乗車の3日前までに『e5489』からの予約が必要ですので注意してください。

『e5489』とは、JR西日本の予約サイトで、ネットからきっぷが買える便利なサービスのことです

『乗車券は別途購入可』ということについて紹介します。

特急のグリーン車に乗るには、乗車券・特急券・グリーン券が必要ですが、このきっぷは特急券とグリーン券がセットになったきっぷです。

そのため、別途乗車券の購入が必要です。

予約時に一緒に乗車券を買うこともできますし、別々に買うこともできます。

 

それではここからは、以下の4点からe早特について紹介していきます。

  • 利用できる特急列車・区間
  • 値段
  • きっぷの買い方・使い方
  • きっぷの細かなルール

そのあとで、学割などと組み合わせるテクニックを紹介します。

 

利用できる特急列車・区間

e早特が利用できる区間はこちらの5つ

  • 関西~北陸
  • 関西~南紀
  • 関西~関西空港
  • 関西~北近畿
  • 岡山~山陰

関西~北陸

大阪と金沢を結ぶ『特急サンダーバード』が利用できます。

また、サンダーバードと北陸新幹線・特急ダイナスターを乗り継いで、富山・和倉温泉へ行くことも可能です。

利用できる区間は『大阪~京都』と『近江今津~富山・和倉温泉』の間です。

特急サンダーバード

利用できる区間

関西~南紀

京都・新大阪と白浜・新宮を結ぶ『特急くろしお』が利用できます。

利用できる区間は『京都~天王寺』と『和歌山~新宮』の間です。

特急くろしお

利用できる区間

関西~関西空港

関西空港と京都・大阪・滋賀を結ぶ『特急はるか』が利用できます。

『関西空港』と『新大阪~米原』の間で利用できます。

特急はるか
利用できる区間

関西~北近畿

関西と北近畿を結ぶ4つの特急が利用できます。

  • 特急こうのとり(新大阪~城崎温泉)
  • 特急きのさき(京都~城崎温泉)
  • 特急はしだて(京都~天橋立)
  • 特急まいづる(京都~東舞鶴)

(出典:北近畿ビッグXネットワーク‐Wikipedia

e早特は以下の区間で利用できます。

  • 『新大阪~尼崎』と『福知山~城崎温泉』
  • 『京都・二条』と『和知~城崎温泉』
特急こうのとりなど
利用できる区間

岡山~山陰

岡山と松江・出雲市を結ぶ『特急やくも』が利用できます。

『岡山・倉敷』と『生山~出雲市』の間で利用できます。

特急やくも

利用できる区間

値段

通常のグリーン車の値段より、700円~4,000円おトクです。

割引率は乗車券の値段も含めると、おおよそ30%ぐらいとかなり高いです。

指定席の値段に数百円~1,000円足すだけでグリーン車に乗れるため、とても魅力的といえます。

詳しいお値段についてはこちらからご覧ください。

きっぷの買い方・使い方

最初にも紹介した通り、『J-WESTカード』を持っている人が対象です。

カードを持っていない方は買えませんのでご注意ください。

ここからはJ-WESTカードを持っている方に向けて紹介していきます。

事前準備

きっぷを予約するためには、まず『J-WESTネット会員』になる必要があります。

※J-WESTネット会員は年会費等完全無料です。

こちらの公式ページの『J-WESTカードもしくはSMART ICOCAをお持ちの方』より登録できます。

きっぷの買い方

  1. こちらの公式ページへ移動し、ログイン
    ※既にログイン済みの方は②へ
  2. 『その他の特急・新幹線予約』より、予約したい列車の経路・日時を入力・検索
  3. 予約したい列車の『グリーン車』を選択し、『選択する(新規予約)』をクリック
  4. 『e早特』を選択する
  5. 画面の指示に従って、座席などを入力して完了!
  6. 予約完了画面を印刷しておく

きっぷの受け取り

e早特は乗車前に紙の切符を受け取る必要があります。

きっぷの受け取りは、JR西日本・四国・九州のみどりの券売機などでできます。

詳しくはこちらの公式ページよりご確認ください。

乗車

受け取った紙の切符で、予約したグリーン車の座席に座ればOKです。

 

細かなきっぷのルール

払いもどしなど、細かなきっぷのルールを解説します。

細かなルール一覧

  • 乗車日の1か月前~3日前まで発売
  • こども用もあり
  • 途中下車は前途無効
  • 後続の列車の自由席などには一切乗れない
  • 変更が可能
  • 払いもどしも可能

予約は3日前までに行う必要があるので気をつけてください。

また、普通のきっぷと違い、乗り遅れるとそこで無効となります。

手数料なしでの変更が可能ですので、乗り遅れそうならすぐに変更することをおすすめします。

変更・払いもどしに関しては、内容が複雑なため公式ページよりご確認ください。

さらにおトクにするテクニック

ここからは、e早特とほかのおトクなきっぷを組み合わせ、さらに安くするテクニックを紹介します

きっぷの仕組み

このテクニックを紹介する前に、簡単にきっぷの仕組みを紹介します。

JR特急のグリーン車に乗るには、3枚のきっぷが必要となります。

乗車券特急券グリーン券

そして、このe早特は、特急券とグリーン券が合わさったきっぷです。

そのため、e早特でJR特急グリーン車に乗るには2枚のきっぷが必要になります。

乗車券e早特

乗車券はe早特と一緒に購入することもできますし、別々に買うこともできます。

そこで、乗車券と同じ働きをする格安切符や、おトクな乗車券を別途購入し、e早特と組み合わせます。

格安切符・おトクな乗車券e早特

こうすることで、ダブルで安くなりとてもおトクになります。

ここからは、e早特と組み合わせられるおトクなきっぷを紹介します。

学割・障害者割引

学生や、障害者手帳を持っている方が使える技です。

学割・障害者割引って何?
学割は学生、障害者割引は障害手帳(第1.2種)を持っている人の割引です
学割は乗車券が2割引き、障害者割引は5割引きとなります
学割は101キロ以上の乗車券に適用されます
学割乗車券・障害者割引乗車券とe早特を組み合わせて利用します。
学割・障害者割引乗車券e早特
学割・障害者割引についてこちらの記事で詳しく紹介していきます。

 

関西1デイパス

関西1デイパスって何?
関西のフリーエリアのJR普通・快速が1日乗り放題になるきっぷです
e早特を追加で買うことで、特急のグリーン車にも乗れます
高野山や比叡山などに行けるチケットもついているので、関西の観光にぴったりのきっぷです

(出典:冬の関西1デイパス|トクトクきっぷ:JRおでかけネット

関西1デイパスを乗車券代わりに使い、e早特と組み合わせます。

関西1デイパスe早特

フリーエリアの外から関西に来る方は、

フリーエリアまでの乗車券関西1デイパスe早特

とすればOKです。

例)金沢の人が関西旅行に来るとき

金沢~敦賀の乗車券関西1デイパス金沢~大阪のe早特

関西への日帰り旅行に向いています。

『関西1デイパス』については、こちらの記事で詳しく紹介していきます。

レール&レンタカーきっぷ

レール&レンタカーきっぷって何ですか?
JRとレンタカーを組み合わせたおトクなきっぷのことです
201キロ以上JRに乗り、降りた駅で『駅レンタカー』を借りる場合に使えます
乗車券が2割引き、料金券が1割引きとなりおトクです

この『レール&レンタカーきっぷ』をe早特と組み合わせます。

レール&レンタカーきっぷe早特

乗車券を『レール&レンタカーきっぷ』として買い、e早特と組み合わせればOKです。

現地で車も使いたい場合におすすめです。

ICカード乗車券

おトクではありませんが、便利な使い方として紹介します。

ICOCAやスイカなどのICカードと、e早特を組み合わせる方法です。

ICカードe早特

乗車券を買う必要が無いので、とても便利です。

西日本では、これらの区間でICカードが使えます。

(出典:ご利用可能エリア|ICOCA:JRおでかけネット

e早特が発売されているすべての区間で利用可能です。

 

まとめ

『e早特』についてもう一度まとめるとこちら。

e早特のPOINT

  • 西日本の特急列車グリーン車がおトク!
  • 『J-WESTカード会員』『JQ CARD』限定きっぷ
  • 3日前までに『e5489』よりネット予約がが必要
  • 乗車券は別途購入可

『e早特』と組み合わせられるおトクなきっぷはこちら。

e早特と組み合わせられるきっぷ

  • 学割・障害者割引乗車券
  • 関西1デイパス
  • レール&レンタカーきっぷ
  • ICカード乗車券

e早特をうまく使えば、指定席とあまり変わらない値段でグリーン車に乗れ、とてもおトクです。

グリーン車は指定席や自由席に比べ、とても快適で至れり尽くせり。

きっと楽しい移動になることでしょう。

ぜひ、e早特をうまく活用して、おトクにワンランク上の移動をしてみてください。

最後に紹介したテクニックもぜひ試してみてください!

 

それでは、良い移動を!

最新情報をチェックしよう!