【2021最新】北陸乗り放題きっぷでお得に観光! +2,000円で往復グリーン車も利用可!

  • 北陸に格安で行きたい関西圏の人
  • 北陸をくまなく回りたい人
  • 特急サンダーバードにおトクに乗りたい人
  • 格安のグリーン車で優雅な旅をしたい人

北陸乗り放題きっぷとは?

北陸乗り放題きっぷとは、JR西日本が発売している格安切符のことで、関西人の北陸観光にぴったりの切符です。

北陸までの往復JR特急北陸フリーエリア乗り放題がセットとなっておとな15,000円前後

値段も非常に安く、フリーエリアもとても広いためこれ一枚で北陸は完璧です。


(出典:北陸乗り放題きっぷ|トクトクきっぷ:JRおでかけネット

そんなおすすめの切符について、まずは簡単に見ていきましょう

  • 関西から北陸への旅行者を対象としている
  • 北陸までの往復JR特急+北陸フリーエリア乗り放題がセット
  • おとな15,000円前後、こども一律3,000円
  • +2,000円でグリーン車にアップグレード
  • ネット予約限定販売
  • 2人以上で利用可
  • 前日までに購入

きっぷのPOINTとしてはこんな感じです。

こどもが激安なことと、2人以上で利用ができることから、家族旅行に特におすすめです。

ここからは、

  • このきっぷで利用できるサービス
  • 値段
  • きっぷの買い方・使い方
  • 細かなルール

の4点に分けて詳しく解説していきます。

 

このきっぷで利用できるサービス

北陸乗り放題きっぷで利用できる列車やサービスについて紹介します。

このきっぷは関西から北陸までの往復JRと、北陸フリーエリア乗り放題がセットになっていますので、それぞれ分けて紹介します。

関西⇔北陸往復JR

  • 大阪市内発
    大阪もしくは新大阪から北陸フリーエリアの駅まで『特急サンダーバード』
  • 京都市内発
    京都から北陸フリーエリアの駅まで『特急サンダーバード』
  • 神戸市内発
    • 神戸市内~大阪駅・新大阪駅の新幹線・普通・快速の自由席
    • 大阪駅・新大阪駅から北陸フリーエリアの駅まで『特急サンダーバード』

特急サンダーバードの座席については、指定席用は指定席が、グリーン車用はグリーン車が利用できます。

北陸フリーエリア

以下のエリアの路線が3日間乗り放題です。

北陸フリーエリア(普通車自由席)3日間乗り放題

(出典:北陸乗り放題きっぷ|トクトクきっぷ:JRおでかけネット

青い太線のJR線は、特急・普通列車の自由席が利用できます。

北陸新幹線についても、自由席が利用できます。

そのため、自由席のない「かがやき」には乗れず、「つるぎ」「はくたか」が利用できます。

IRいしかわ鉄道とあいの風とやま鉄道については、普通列車の自由席が利用可能です。

非常に広範囲のエリアをカバーしているので、北陸がくまなく観光できます。

 

きっぷの値段

このきっぷの値段は、大きく指定席用とグリーン車で異なります。

指定席用はサンダーバード指定席、グリーン車用はサンダーバードグリーン車が利用できます。

指定席用

  • おとな
    • 神戸市内発:16,950円
    • 大阪市内発:15,850円
    • 京都市内発:14,560円
  • こども:一律3,000円

グリーン車用

  • おとな
    • 神戸市内発:18,950円
    • 大阪市内発:17,850円
    • 京都市内発:16,560円
  • こども:一律5,000円

指定席用にちょうど+2,000円することでグリーン車が利用できます。

では、この値段は普通の切符に比べどれだけ安いのか、検証していきましょう。

このきっぷ(大阪市内発着)の値段と、大阪~金沢間のサンダーバード往復の値段を比較します。

座席タイプ北陸乗り放題きっぷ通常のきっぷ割引額
指定席15850
(3000)
14520
(7260)
ー1,330 
(4260)
グリーン車17850
(5000)
22900
(15640)
5050
(10640)

※(カッコ内)はこども

これはあくまでも『大阪から金沢まで行って、何もせずに大阪に帰ってきた場合』のシュミレーションです。

つまり、フリーエリアの乗り放題については一切考慮していません。

そのため、フリーエリアで乗り降りすれば、簡単に元が取れたり、さらにおトクになります。

これらのことから、北陸乗り放題きっぷはとてもお得だと分かります。

 

きっぷの買い方・使い方

このきっぷを利用するための手順を簡単に紹介します。

買い方

このきっぷはJR西日本のネット予約サービス「e5489」からのネット予約限定発売です。

また、前日までに予約が必要です。

e5489とは?
JR西日本のネット予約サービスのこと。
ネットできっぷが予約・購入できる便利なサービスで、完全無料の会員登録ですぐに利用できます。
登録はこちらの公式ページから。

会員登録をしている方は、こちらの予約ページからネット予約できます。

受け取り

次に、ネット予約した切符を駅に受け取りに行きましょう。

受け取りは、乗車直前でもOKです。

きっぷの受け取りには、以下のものが必要です。

クレジットカード決済の場合:決済に使用したクレジットカード、予約番号、電話番号
駅・コンビニ決済の場合:受け取りコード(QRコード)、電話番号(全桁)

これらを用意してJR西日本のみどりの券売機へ行き、紙の切符を受け取ってください。

みどりの券売機での受け取り方はこちらから

使い方

紙の切符をそのまま改札機に通せばOK。

フリーエリア内で特急や新幹線を使った場合は、車掌さんがきっぷを見に来るので、すぐに取り出せるようにしておきましょう。

フリーエリア内では乗りたい列車にすぐ乗れるので、とても便利です。

 

きっぷのルール

『POINT』では紹介しきれなかった、切符の細かなルールについて紹介します。

往復のサンダーバードに乗り遅れた場合

後続のサンダーバードの自由席が利用できます。

途中下車の扱い

北陸フリーエリア外で途中下車した場合は、きっぷが無効となります。

※北陸フリーエリア内は何度でも乗り降りできます。

きっぷの変更

  • 紙の切符受け取り前の場合
    →何度でも変更可
  • 紙の切符受け取り後の場合
    →1度だけ変更可
  • きっぷの使用開始後
    →変更不可

払い戻し

払い戻しは可能ですが、別途数百円~数千円の払戻手数料が必要です。

払戻手数料は、切符受け取りの有無などによって大きく変わってきますので、こちらの公式ページよりご確認ください。

 

まとめ

今回紹介した『北陸乗り放題きっぷ』のポイントを再びまとめるとこちら。

  • 関西から北陸への旅行におすすめ
  • 北陸までの往復JR特急+北陸フリーエリア乗り放題がセット
  • とてもおトク
  • ネット予約限定販売
  • 2人以上で利用可
  • 前日までに購入

このきっぷは筆者のかえるも使ったことがありますが、あまりの安さとフリーエリアの広さに驚きました。

このきっぷで北陸じゅうを自由に駆け回ることができます。

北陸乗り放題きっぷはとてもおすすめな格安切符です。

友人との二人旅から大人数のグループ旅行まで、幅広い場面で使える切符ですので、ぜひ北陸へ旅行をされる場合は活用してみてください。

 

それでは、良い旅を!

最新情報をチェックしよう!