【大阪⇔城崎温泉】こうのとり vs はまかぜ vs きのさき オススメのルートを徹底検証!

この記事がおすすめの人

  • 特急こうのとり・はまかぜ・きのさきのどれがおすすめなのか知りたい人
  • 大阪⇔城崎温泉で特急列車に乗る人

大阪⇔北近畿のJR特急

北近畿には、城崎温泉、天橋立、舞鶴など様々な観光スポットがあり、夏は海水浴、冬はカニを目的にたくさんの人が訪れます。

関西の方なら、一度は旅行に行ったことのある場所ではないでしょうか。

人気の観光スポットだからこそ、JRも旅行に便利な特急列車をいくつも走らせています。

このように、京都と城崎温泉を結ぶ『きのさき』や、大阪⇔城崎温泉を結ぶ『こうのとり』など、合計5種類の特急が『北近畿ビッグXネットワーク』を形成しています。

(出典:こうのとり/きのさき/はしだて/まいづる/はまかぜ ー 散歩道

特に、大阪⇔城崎温泉では、

  • こうのとり
  • はまかぜ
  • 快速+きのさき

の3つの列車・ルートがあり、所要時間に大した差がない状態となっています。

そのため、どのルートを選ぶのが良いのか迷うところ。

 

そこでこの記事では、この3ルートを

  • 所要時間
  • 値段
  • 乗り換え回数
  • おトクなきっぷ

の4点で比較していきます。

鉄道で北近畿に行く人は、ぜひ見ていってください!

 

ルートの紹介

各ルートを比較する前に、まずはルートについてぞれぞれ紹介します。

  1. こうのとり(+きのさき)
  2. はまかぜ
  3. 快速+きのさき

こうのとりルート

大阪・新大阪⇔城崎温泉を特急『こうのとり』に乗る方法です。

福知山線経由で城崎温泉まで行くルートです。

ただし、一部の『こうのとり』は福知山止まりで、城崎温泉まで行ってくれません。

その場合は福知山で乗り換え、福知山⇔城崎温泉で特急『きのさき』を利用します。

はまかぜルート

大阪⇔城崎温泉を特急『はまかぜ』に乗る方法です。

姫路経由で城崎温泉まで行くルートです。

はまかぜは大阪発着のため、新大阪から出発する場合は、新大阪⇔大阪で普通・快速列車を利用します。

きのさきルート

大阪・新大阪⇔京都を快速列車、京都⇔城崎温泉を特急『きのさき』に乗る方法です。

京都経由で城崎温泉まで行くルートです。

 

ルートの比較

ここからは、『こうのとりルート』『はまかぜルート』『きのさきルート』を

  • 所要時間
  • 乗り換え回数
  • 値段
  • おトクなきっぷ

の4点で比較していきます。

 

所要時間

新大阪発着と大阪発着の場合で、それぞれ比較します。

こうのとりルートに関しては、城崎温泉まで直通するパターンと、福知山できのさきに乗り換えるパターンの2つを紹介します。

大阪発着

こうのとり直通2時間43分
乗り換え2時間47分
はまかぜ2時間50分
きのさき3時間4分

新大阪発着

こうのとり直通2時間48分
乗り換え2時間55分
はまかぜ3時間2分
きのさき2時間59分

直通のこうのとりが最も速いですが、大きな差はありません。

 

乗り換え回数

大阪発着

こうのとり直通なし
乗り換え1回(福知山)
はまかぜなし
きのさき1回(京都)

新大阪発着

こうのとり直通なし
乗り換え1回(福知山)
はまかぜ1回(大阪)
きのさき1回(京都)

こうのとり(直通)とはまかぜが、乗り換えの必要がありません。

 

値段

それぞれのルート・座席の値段を紹介します。

ルート自由席指定席グリーン車
こうのとり5,1705,5007,970
はまかぜ5,500
きのさき5,170円5,500円7,970円

なんと全ルート1円も変わらず同じです。

ちなみに、はまかぜは指定席以外座席がなく、自由席とグリーン車というものが存在しません。

 

おトクなきっぷ・テクニック

それぞれのルートで、利用できるおトクなきっぷやテクニックを紹介します。

全ルートで使える格安切符・テクニック

全ルートで使えるのはこちら

  • 学割・障害者割引
  • JRセットプラン
  • eきっぷ
  • e早特
  • eチケットレス特急券
  • チケットレス特急券
学割・障害者割引

それぞれ乗車券が割引価格で買えるというもので、学割は2割引き、障害者割引は5割引きとなります。

大阪・新大阪⇔城崎温泉では、全ルートでこれだけ安くなります。

学割690円
障害者割引1,710円

学割・障害者割引についてこちらの記事で詳しく紹介しています。

JRセットプラン
各旅行会社などが販売している旅行商品のことで、宿と往復JRがセットになったものです。
値段はプランによって大きく異なりますが、数千円おトクなものもあります。
eきっぷ

当日まで購入でき、数百円おトクとなる格安切符です。

『J-WESTカード』というクレジットカードを持っている方限定のきっぷです。

自由席・指定席・グリーン車用の3種類があり、おトク額は以下の通りです。

自由席0円
指定席530円
グリーン車540円

また、このきっぷは学割・障害者割引と組み合わせると、さらにおトクに利用できます。

この場合、上の表の値段から、先ほど紹介した

学割690円
障害者割引1,710円

がさらに割引されます。

eきっぷやJ-WESTカードについてこちらの記事で詳しく紹介しています。

e早特

3日前までの予約で、グリーン車に1,750円もおトクに乗れるきっぷです。

こちらの切符も学割・障害者割引と組み合わせ、さらに安くできます。

ちなみにこちらもJ-WESTカード会員限定のきっぷです。

eチケットレス特急券

当日予約もでき、指定席に530円おトクに乗れるきっぷです。

こちらの切符も学割・障害者割引と組み合わせ、さらに安くできます。

ちなみにこちらもJ-WESTカード会員限定のきっぷです。

チケットレス特急券

ネット予約&チケットレス乗車(紙の切符を受け取らずに乗車)できる便利なきっぷです。

値段は通常の値段と1円も変わらず、おトクでも損でもありません。

こうのとりルート

『こうのとり早特チケットレス14』という格安切符が使えます。

14日前までの予約・購入で、1,790円もおトクになるきっぷです!

また、このきっぷは学割・障害者割引と組み合わせることができます。

その時の割引額はこちら

早特14+学割2,480円
早特14+障害者割引3,500円

破格のお値段です。

このきっぷについてこちらの記事で詳しく紹介しています。

はまかぜルート

はまかぜだけに安く乗れるきっぷ・テクニックはありません。

きのさきルート

きのさきにおトクに乗るテクニックとして『乗り継ぎ割引』があります。

乗り継ぎ割引とは、簡単に説明すると、新幹線と特急列車を乗り継いだ場合、特急列車の特急料金が半額になるという制度です。

新大阪⇔京都間で、快速列車ではなく新幹線の自由席に乗ることで、以下の分だけおトクになります。

自由席10円
指定席280円
グリーン車10円

学割・障害者割引との合わせ技も可能です。

そこまで安くなりませんが、『快速よりも安く新幹線に乗れる』という点で魅力的です。

 

おトクなきっぷ・テクニックのうち、最安のものをまとめるとこちら

※JRセットプランについてはプランによって違うため除外、学割・障害者割引も除外

自由席指定席グリーン車
こうのとり通常のきっぷ
5,170円
こうのとり早特チケットレス14
3,710円
e早特
6,220円
はまかぜeきっぷ・eチケットレス特急券
4,970円
きのさき通常のきっぷ
5,170円
eきっぷ・eチケットレス特急券
4,970円
e早特
6,220円

おトクなきっぷで見ると、『こうのとり早特チケットレス14』でこうのとりルートを利用するのがおすすめです。

 

まとめ

3つのルートをこちらの表にまとめました。

所要時間乗り換え回数値段
こうのとり★★★★★★★★★★★★★★★
はまかぜ★★★★★★★★★★★★★
きのさき★★★★★★★★★★★★

結論

  • 大きな差はない
  • 直通のこうのとりが安くて快適
  • 乗換案内で出てきたルートを選んでもOK
  • 『はまかぜ』は指定席のみなので注意

どれがおすすめなのかと言われれば、『直通こうのとり』です。

『こうのとり早特チケットレス14』を使って、お得に快適に乗るのがおすすめです。

旅費に余裕がある方なら、e早特を使ってグリーン車に乗るのもおすすめです。

迷う方は、乗換案内で出てきたルートを選ぶのも一つだと思います。

3つのルートをうまく使い分けて、楽しく・安く・快適な旅にしてみてください。

 

それでは、良い旅を!

最新情報をチェックしよう!