【特急料金500円】激安切符『こうのとり早特チケットレス14』発売! 学割や関西1デイパスと組み合わせる裏技も伝授

  • 特急こうのとりに格安で乗りたい方
  • 『こうのとり早特チケットレス14』について知りたい方
  • 学生の方
  • 障害者割引や関西1デイパスと組み合わせる裏技を知りたい方

こうのとり早特チケットレス14とは?

今年(2021年)3月から発売を始めた格安切符『こうのとり早特チケットレス14』

通常2,290円かかる特急料金がなんと500円になる切符で、注目を集めています。

そんなこうのとり早特チケットレス14についてまずは簡単に紹介します。

  • 大阪・新大阪・尼崎~豊岡・城崎が片道500円
  • 特急こうのとりの普通車指定席が利用できる
  • 別途乗車券類の購入が必要
  • 乗車日の14日前までに購入が必要
  • JR西日本ネット予約サービス『e5489』でのみ発売
  • 切符を受け取らずに乗車できる『チケットレスサービス』
  • こども半額

このきっぷを使えば、普通列車+500円で特急に乗れちゃえます!

ここからは、POINTで紹介したことを

  • 利用できる列車・設備
  • 値段
  • きっぷの買い方・使い方
  • きっぷの変更・払い戻し

の4点に分けて詳しく見ていきます

利用できる列車・設備

この切符では、予約した区間の『特急こうのとり』指定席が利用できます。

特急こうのとりは、新大阪⇔福知山・城崎温泉を1時間半~2時間半で結ぶ特急列車です。

(出典:こうのとり:JRおでかけネット

また、特急こうのとりには福知山止まりの列車もあるため、福知山~城崎温泉では『特急きのさき』指定席の利用も認められています。

特急こうのとり
特急きのさき
車内は一般的な特急列車のもので、指定席は2~4.5両あります。
コンセントは車両の両端の座席にしかないため、充電したい方はその席を抑えましょう。

値段

通常2,290円かかる特急料金が500円となる激安切符です。

お値段は全区間で500円です

尼崎大阪新大阪
豊岡500円
城崎温泉

 

はじめにも紹介した通り、こうのとりチケットレス14は特急券の代わりとなる切符のため、別途乗車券類の購入が必要です

つまり、こうのとりの乗車には

乗車券こうのとりに早特チケットレス14

の両方が必要となります。

ICOCAこうのとりに早特チケットレス14

でも可能です。

別途必要な乗車券代・ICOCA代は以下のとおりです。

尼崎大阪新大阪
豊岡1,980円3,080円3,080円
城崎温泉3,080円3,410円3,410円
※これをさらに安くする裏技は、後程紹介します。

きっぷの買い方・使い方

この切符は、JR西日本のネット予約サービス『e5489』での限定販売です。

そのため、駅や旅行会社では一切発売されていません。

必ずネット予約が必要なのでご注意ください。

また、この切符は14日前までに予約が必要ですので注意してくだい。

e5489を利用するには、年会費完全無料の『J-WESTネット会員』に登録する必要がありますので、未登録の方はこちらより登録してください。

登録が終わった方に向けて、予約~乗車までの方法を紹介します。

予約方法

  1. 予約ページへ移動
    きっぷは「こうのとりチケットレス14」を選択
    そして、利用する区間・日付・時間を選択し、「検索」を押す
  2. J-WEST ID、J-WESTパスワードを入力して「ログイン」を押す
    ※既にログイン済みの場合は③へ
  3. 希望する列車・設備をクリックし、「選択する(新規予約)」をクリック
  4. 「選択」をクリック
  5. 人数・座席位置を選択し、「次へ(新規予約)」をクリック

  6. 支払方法を選択し、「予約・購入する」をクリック

予約完了!

切符の受け取り

駅で紙の切符を受け取ることもできますが、受け取らずに乗車できる『チケットレス乗車』をすることもできます。

チケットレス乗車の場合は、e5489の予約完了画面をスマホで見せればOKです。

乗車

別途買った乗車券類でそのまま駅に入場し、予約したこうのとり・きのさきの座席に座るだけです。

もし車掌さんに切符の提示を求められたら

  • チケットレス乗車の場合⇒スマホなどで予約完了画面を見せる
  • 切符を受け取った場合 ⇒受け取った切符を見せる

とすればOKです。

 

切符の細かなルール

この切符の細かなルールをまとめて紹介します。

  • 乗車日の14日前までに予約が必要
  • 予約した座席以外は一切利用できない
  • 途中下車は前途無効
  • 変更は一切できない
  • 乗り遅れても、後続の列車には乗れない
  • 払いもどし手数料は一律340円
  • 使用開始後の払いもどしはなし

変更が一切できない点には注意が必要です。

乗り遅れても後続の列車の自由席には乗れないため、乗り遅れだけは気をつけましょう。

その一方で、払いもどし手数料は340円と安いため、払いもどしても損失は少ないです。

詳しくは、こちらの公式ページからご覧ください。

【e5489専用】こうのとり早特チケットレス14|トクトクきっぷ:JRおでかけネット

 

さらにお得に利用する裏技

ここからは、『こうのとり早特チケットレス14』と、ほかの格安切符・割引を組み合わせて、さらにお得にする裏技を紹介します。

何度も紹介した通り、この切符は特急券と同じ役割をするため、乗車には別途乗車券類が必要となります。

乗車券こうのとりに早特チケットレス14

そこで、この乗車券を、『格安切符・割引切符』に変えてしまうのです。

格安切符・割引切符こうのとりに早特チケットレス14

こうすることで、合計金額がダブルで安くなります。

 

1.学割・障害者割引を利用する

学生や、障害者手帳を持っている方が使える技です。

学割・障害者割引とは
学割は学生、障害者割引は障害手帳(第1.2種)を持っている人の割引です
学割は乗車券が2割引き、障害者割引は5割引きとなります

乗車券を障害者割引・学割を使って安く買い、こうのとり早特チケットレス14と組み合わせます。

学割・障害者割引切符こうのとりに早特チケットレス14

こうすることで、以下の値段だけ安くなります!

学割

尼崎大阪新大阪
豊岡390円610円610円
城崎温泉610円680円680円

片道数百円、往復1,000円ほど安くなります

障害者割引

尼崎大阪新大阪
豊岡990円1,540円1,540円
城崎温泉1,540円1,700円1,700円

片道1,000円~1,500円、往復2、3,000円も安くなります

学割・障害者割引切符と、格安切符を組み合わせる技については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

 

2.日帰りで往復する場合

日帰り旅行などで、関西⇔北近畿を同じ日に往復する場合に使える技です。

関西1デイパスを利用します。

大阪⇔城崎温泉を往復する場合、必要な切符はこちら。

関西1デイパス篠山口~城崎温泉 乗車券 往復こうのとりに早特チケットレス14 往復

関西1デイパスとは、関西のJRが一日乗り放題になる切符です。

これが大阪⇔篠山口までの乗車券の代わりになります。

そして、篠山口⇔城崎温泉は普通の乗車券を買います。

こうすることで、260円お得になります。

また、この方法を取ることで、関西中のJRが1日乗り放題になります。

そのため、自宅から新大阪・大阪・尼崎までJRに乗る場合は、その区間の切符を買わなくてすみ、さらにお得になります。

切符の買い方

切符の買い方が少しややこしいので、時系列で紹介します

関西の人が北近畿に出かける場合で紹介します。

出発前

  1. 14日前までに往復の『こうのとり早特チケットレス14』を購入
  2. 前日までに『関西1デイパス』を1枚購入

行き

  1. 関西1デイパスで駅に入場
  2. 予約した特急で豊岡・城崎温泉に行く
  3. 着いた駅で『篠山口~豊岡・城崎温泉』までの分を乗り越し精算する

かえり

  1. 城崎温泉・豊岡駅で篠山口までの乗車券を買う
  2. その切符で駅に入る
  3. 予約した特急で関西へ
  4. 篠山口までの乗車券+関西1デイパスで駅を出る

 

難しそうに見えますが、この通りに切符を買っていけば安くJRに乗れます。

北近畿出発の場合は、行きと帰りを逆にすればOKです。

 

まとめ

今回紹介した『こうのとり早特チケットレス14』についてもう一度まとめるとこちら

  • 大阪・新大阪・尼崎~豊岡・城崎が片道500円
  • 特急こうのとりの普通車指定席が利用できる
  • 別途乗車券類の購入が必要
  • 乗車日の14日前までに購入が必要
  • JR西日本ネット予約サービス『e5489』でのみ発売
  • 切符を受け取らずに乗車できる『チケットレスサービス』
  • 変更不可
  • こども半額

とても安い切符で、ネット予約とチケットレス乗車もできるため、おすすめの切符です。

一人旅からグループ旅行、日帰り旅行から帰省まで、幅広い場面で利用できます。

また、関西1デイパスなどと組み合わせることで、さらにお得になります。

ぜひ、こうのとり早特チケットレス14を使って、楽しく・安く移動をしてみてください。

 

それでは、良い旅を!

最新情報をチェックしよう!