【徹底解説】『WEB早特7・14・21』ってホントにおトク? 3月より新発売の格安切符レビュー

この記事がおすすめの人

  • WEB早特について知りたい人
  • 2022年3月から新発売のきっぷに興味がある
  • 2023年度に関西~北近畿・山陰・鳥取・南紀を移動する人

『WEB早特』が新発売!

2021年3月のダイヤ改正は大減便ということで大きなニュースになりましたが、それに伴い、JR西日本の格安切符も廃止・新発売が相次ぎました。

激安切符がなくなったり、格安切符が相次いで大幅値上げされたかと思えば、関西の特急が均一500円の「J-WESTチケットレス500」を新発売するなど、例年に比べ変化の大きな時期でした。

そしてこの記事では、格安切符再編に伴って新発売した「WEB早特」について、徹底解説します!

今年一番の目玉商品なので、みなさんも利用する機会も多いはず。

3月発売開始、4月から利用開始のこのきっぷをいち早く紹介していきます!

WEB早特とは?

WEB早特とは、JR西日本が発売する格安切符。

関西⇔南紀・山陰・鳥取・北近畿がおトクになるきっぷです。

(出典:WEB早特:JRおでかけネット

そんなWEB早特のポイントをまとめるとこちら。

POINT

  • 関西⇔南紀・山陰・鳥取・北近畿で発売
  • 特急・新幹線がおトクに
  • 発売時期に合わせ、「WEB早特7」と「WEB早特21」の2種類
  • 期間限定で、激安の「WEB早特21」も
  • 片道から購入可能
  • ゴールデンウィークやお盆、年末年始も発売!

WEB早特は、乗車券と特急券が一体となったきっぷです。

それではここからは、値段や買い方など各項目に分けて詳しく紹介していきます。

WEB早特7・14・21の違い

WEB早特には、大きく分けて7・14・21(期間限定)の3種類があります。

これらは購入できる期間が大きく違います。

  • WEB早特7…列車の乗車7日前まで発売 ★7月15日分までなら特別キャンペーンで前日まで予約可能!
  • WEB早特14…列車の乗車14日前まで発売
  • WEB早特21…列車の乗車21日前まで発売

また、WEB早特7・14・21では値段も大きく異なるので注意が必要です。

発売区間

発売区間の一覧はこちら

  • 関西⇔南紀
  • 関西・広島⇔山陰
  • 関西⇔北近畿
  • 関西⇔鳥取・倉吉
  • 広島・岡山⇔鳥取
  • 鳥取・松江・出雲市⇔米子・松江・大田市・江津・浜田・益田

関西⇔南紀

特急くろしおがおトクになります。

設定区間は「京都~天王寺」と「和歌山~新宮」の間です。

特急くろしお
設定区間

関西・広島⇔山陰

山陽新幹線と特急やくもがおトクになります。

設定区間は「新大阪・新神戸・広島」と「米子・松江・出雲市」の間です。

特急やくも
設定区間

関西⇔北近畿

特急こうのとりがおトクになります。

設定区間は「新大阪・尼崎」と「福知山・豊岡・城崎温泉」の間です。

特急こうのとり
設定区間

関西⇔鳥取・倉吉

特急スーパーはくとがおトクになります。

設定区間は「京都市内・大阪市内・神戸市内」と「鳥取・倉吉」の間です。

特急スーパーはくと

設定区間

山陽⇔鳥取

山陽新幹線と特急スーパーいなばがおトクになります。

設定区間は「広島市内・岡山」と「鳥取」の間です。

特急スーパーいなば

設定区間

山陰

特急スーパーおきと特急スーパーまつかぜがおトクになります。

設定区間は「鳥取・松江・出雲市」と「米子・松江・大田市・江津・浜田・益田」の間です。

特急スーパーおき・まつかぜ

設定区間

これらの列車の普通車指定席が利用できます。

値段

WEB早特21・14・7で値段が大きく違います。

主な区間の値段はこちら。

※新幹線を利用する区間については、のぞみ・みずほを利用する値段を紹介しています。

区間通常のきっぷWEB早特7WEB早特14WEB早特21
新大阪~白浜5,900円5,120円4,550円3,980円
新大阪~城崎温泉5,900円5,120円4,550円3,980円
新大阪~出雲市11,640円10,100円8,960円6,730円
新大阪~鳥取7,420円6,490円5,770円5,040円
鳥取~松江4,900円4,220円3,750円3,280円

こどもは半額で、繁忙期・閑散期にはそれぞれ数百円の値段の変動があります。

WEB早特7は700円ほど、WEB早特14は1,500円、WEB早特21は33%ほどの割引があります。

WEB早特21が最もおトクにです。

詳しい値段は以下のPDFで公開されています。

きっぷの買い方・使い方

きっぷはJR西日本の予約サイト「e5489」から、ネット予約できます。

駅では発売されていませんのでご注意ください。

また、この切符は7・14・21日前までに予約が必要ですので注意してくだい。

★Web早特7は7月15日分まで期間限定で前日まで購入可能!

e5489を利用するには、年会費完全無料の『J-WESTネット会員』に登録する必要がありますので、未登録の方はこちらより登録してください。

登録が終わった方に向けて、予約~乗車までの方法を紹介します。

予約方法

以下の公式ページの「予約する」ボタンから予約できます。

予約完了!

切符の受け取り

駅のみどりの窓口・みどりの券売機できっぷを受け取ることができます。

きっぷの受け取り方はこちらの公式ページで紹介されています。

乗車

駅で受け取ったきっぷで乗車すればOK。

指定した座席に座るようにしましょう。

細かなルール

変更・払いもどしなどについて紹介します。

変更

変更はできません。

ただし、通常のきっぷとなら無手数料で変更できます。※差額は必要

払いもどし

最初に出発する列車の出発時刻前なら払いもどしが可能です。

手数料は560円です。

乗り遅れ

列車に乗り遅れた場合は、乗車券部分のみ有効となり、後続の特急・新幹線には乗車できません。

別途特急券などを買う必要があります。

WEB早特の特典

WEB早特の特典として、「出雲・松江ミニぐるりんパス」という激安切符が追加で購入できるようになります。

出雲・松江・石見銀山への観光にとてもおすすめのきっぷなので、ぜひ活用ください。

こちらの記事で紹介しています。

まとめ

WEB早特についてもう一度まとめるとこちら。

POINT

  • 関西⇔南紀・山陰・鳥取・北近畿で発売
  • 特急・新幹線がおトクに
  • 発売時期に合わせ、「WEB早特7」と「WEB早特21」の2種類
  • 期間限定で、激安の「WEB早特21」も
  • 片道から購入可能
  • 特典で「松江・出雲ミニぐるりんパス」
  • 7月15日分までならWeb早特7が前日まで購入可能

この春でいままで何種類もあった格安切符が、WEB早特に一本化される動きがありました。

これからの格安切符の主役は「WEB早特」となりそうです。

割引率はあまり高くありませんが、ゴールデンウィークやお盆、年末年始でも使えるのが嬉しいところ。

さらには期間限定で前日まで購入可能になったりと、嬉しいキャンペーンも発表されています。

ぜひ2023年度の旅行に活用ください。


おしらせ

平日に関西の中で特急列車を利用するなら、期間限定で発売中の「J-WESTチケットレス500」の方がおトクです。

こちらの記事で紹介しているのでぜひご覧ください。

関連記事

この記事がおすすめの人 関西圏在住 JRで通勤・通学をしている 特急におトクに乗る方法を知りたい 春休みのお出かけにおトクなきっぷを探している 春のダイヤ改正実施この春(20[…]

それでは今年もよい旅を!

最新情報をチェックしよう!

かえるトラベルにようこそ!

かえるトラベルでは、旅好き学生ブロガーの『かえる』が、旅を楽しむためのおトク情報を紹介!
新幹線の格安切符を中心に、様々な情報を発信しています