【国内移動】飛行機は速いけど遅い! 意外な落とし穴に要注意

飛行機の国内利用

突然ですが、みなさんは国内を利用するとき、飛行機をどれぐらい利用しているでしょうか。

日本各地に空港がつくられ、LCC(格安航空会社)も浸透したことで、最近では飛行機を使う人が増えたように感じます。

そんな飛行機の何よりのメリットは「とにかく速い」こと。

時速1000キロ、音速での移動を叶えてくれる、とても便利な乗り物です。

新幹線の通る東京⇔大阪や、大阪⇔博多などでも、航空会社の出している所要時間であれば、飛行機が圧勝しています。

しかし、そんな便利な飛行機にも「落とし穴」が存在します。

国内を移動するときには、移動手段をすぐに「速い飛行機!」と選ぶのではなく、ほかの方法についても考えて選ぶことが重要です。

そこで、今回の記事では飛行機利用の落とし穴と、飛行機が有利な区間、不利な区間について紹介します

国内移動の参考にしてみてください。

 

飛行機の落とし穴 速いけど遅い

「飛行機は速い」そんな常識がありますが、飛行機は実は時間と手間のかかる乗り物です。

なぜならみなさんもご存じの通り「乗り降りにものすごく時間がかかる」乗り物だからです。

搭乗手続きが必要だったりと、空港でかなり時間を使います。

この「飛行機に乗るための時間」を考えないで利用してしまうことが、飛行機の落とし穴です

まず、飛行機での移動と、競合相手としてよく登場する新幹線での移動方法を比べてみます。

飛行機の移動

f:id:tabijie:20210615175253j:plain

  1. 空港に行く
  2. 空港で手続きをする(手荷物検査など)
  3. 搭乗を待つ
  4. 搭乗
  5. 離陸→着陸
  6. 荷物を受け取る
  7. 目的地に移動

これを見ると、かなり手間のかかる乗り物だとわかるでしょう。

それに対して、新幹線はこちら。

新幹線の移動

f:id:tabijie:20210614182017j:plain

  1. 新幹線の駅に行く
  2. 新幹線に乗る
  3. 目的地に移動

新幹線の移動はシンプル。

新幹線の駅まで行き、乗り込むだけで目的地に着きます。

飛行機は、移動速度は速いものの、「搭乗30分前までには空港に行く」「目的地や自宅から空港が離れていることが多い」などから、実は時間がかかる乗り物です。

つまり、航空会社が発表している時刻表上の所要時間は、実際の所要時間ではないという点に気をつける必要があるのです。

 

飛行機と新幹線の使い分け

使い分けの簡単な目安は「新幹線で3時間以内なら新幹線、4時間以上なら飛行機」です。

新幹線で3時間以内で行ける区間として、「東京⇔大阪」や「大阪⇔博多」がありますが、これらの区間では新幹線がおすすめです。

一方、新幹線で4時間以上かかる「東京⇔博多」や「東京⇔札幌」では飛行機が速くておすすめです。

飛行機と新幹線で迷った時の一つの目安として活用してください

飛行機が便利な区間

続いて、飛行機利用がおすすめな区間について紹介します。

おすすめな区間の特徴はこちら。

  • 離島
  • 遠距離(1000キロ以上)
  • (目的地や出発地の)空港アクセスが良い
  • 直行便がある

これらに当てはまるものとしては、

  • 沖縄⇔日本各地
  • 北海道⇔日本各地
  • 東京⇔九州

などがあります。

要するに「陸路で不便な区間」におすすめです。

飛行機が不便な区間

一方、飛行機が他の移動手段に比べて不便な区間の特徴はこちら。

  • 近距離
  • 新幹線が発達(3時間以内で行ける)
  • 直行便がない
  • 空港アクセスが悪い

これらに当てはまるものとしては、

  • 東京⇔名古屋
  • 大阪⇔金沢
  • 東京⇔仙台

などがあります。

これらの区間では、わざわざ手間をかけて空を飛ぶより、他の交通手段を使った方が賢明です。

国内を移動するときに、飛行機の利用を考える際は、移動する区間がこれらのポイントを基に、飛行機は便利なのか不便なのか判断してみてください。

 

まとめ

今回の記事のポイントをまとめると、

  • 飛行機は意外に時間がかかる→飛行機移動の落とし穴
  • 陸路で不便な区間は飛行機圧勝
  • 短距離、競合が多い区間は不便
  • 飛行機が便利か不便かの判断が重要

交通網が発達している日本だからこそ、「的確な移動手段を選ぶ」ことが重要だという事です。

飛行機にも向き不向きがあるので、その特徴を知って活用することで、速く、安く、快適に移動できます。

国内旅行や帰省、出張などでぜひこの情報を活用してみてください。

それでは、良い移動を!

最新情報をチェックしよう!