【山陽新幹線】「のぞみ」よりも「みずほ」「さくら」が断然快適!

山陽新幹線の知られざる「座席格差」

新大阪~博多間を結ぶ「山陽新幹線」

一度は利用したことのある方が多いのではないでしょうか。

そんな山陽新幹線では、列車によって座席が大きく異なるのをご存じでしょうか。

シートの広さ、座り心地、内装など、実は様々な違いがあります。

どの列車を利用しても同じ値段だからこそ、快適な座席に座りたいですよね。

そこで今回は、「のぞみ」と「みずほ・さくら」のシートの違いについて比較し、一番快適な列車を紹介します。

山陽新幹線の列車たち

ではまず、山陽新幹線にはどのような列車が走っているかを紹介します。

N700系・N700A系⇒のぞみ・ひかり・こだま

f:id:tabijie:20210505143400j:plain

N700系(九州新幹線ver)⇒みずほ・さくら

f:id:tabijie:20210505141133j:plain

700系レールスター⇒ひかり(レールスター)・こだま

f:id:tabijie:20210505144233j:plain

500系⇒こだま

f:id:tabijie:20210505144415j:plain

この5車両が運行されています。

「のぞみ」はN700系・N700A系

「みずほ」はN700系(九州新幹線ver)

「さくら」はN700系(九州新幹線ver)

「ひかり」はN700A系・700系レールスター

「こだま」はN700系・N700A系・700系レールスター・500系

と振り分けられています

今回は、この中でも乗る機会の多いN700系・N700A系と、N700系(九州新幹線ver)を比較します。

 

各車内の特徴

N700系・N700A系

自由席・指定席

f:id:tabijie:20210505145506j:plain

3列&2列の一般的な車両。自由席と指定席の座席は同じ。車両の端と窓側の座席にコンセントあり。

グリーン車

f:id:tabijie:20210505145846j:plain

2列&2列の快適な座席。全席にコンセントあり。座席を倒すと座面も動く快適な座席。

N700系(九州新幹線ver)

自由席

N700系・N700A系とほぼ同じで色違い。

2列・3列で車両の端と窓側の座席にコンセントあり。

指定席

f:id:tabijie:20210505151455j:plain

2列・2列で指定席としてはとても豪華。リクライニングをすると、座面も動く居心地の良い座席。車両の端と窓側の座席にコンセントあり。

グリーン車

f:id:tabijie:20210505151117j:plain

2列・2列の快適な座席。高級感があり、リクライニングをすると、座面も動く。

「レッグレスト」という足までのシートがある。全席コンセント完備。

座席数が少ない半室グリーンとなっている。

  • 自由席  →両方ともほぼ同じ
  • 指定席  →N700系(九州新幹線ver)の方が、列数も少なくシートが良い
  • グリーン車→N700系(九州新幹線ver)の方が、レッグレスト付きでシートが良い

シートはさくら・みずほが断然良い!

 

さくら・みずほの欠点

東海道新幹線には乗り入れない

のぞみは東海道新幹線と山陽新幹線の直通運転をしますが、みずほ・さくらは東海道新幹線には乗り入れません。

そのため、東京などへは行きません。

その代わり、九州新幹線へ乗り入れを行っています。

本数が少ない

のぞみが山陽新幹線では105本、みずほ・さくらが53本(※定期列車)と、のぞみの方が倍近く多く、ちょうどいい時間の便があったり、予約が埋まりにくかったりと、のぞみの方が乗車しやすいです。

しかし、コロナによる減便で一時的にのぞみが減るなどして、両者の本数の差は縮まりました。(2021年 5月11日~)

座席数が少ない

のぞみが16両編成なのに対し、みずほ・さくらは8両編成と半分の両数しかありません

座席別の車両数をまとめるとこんな感じ。

  • 自由席⇒同じ
  • 指定席⇒のぞみ10両、みずほ・さくら5.5両
  • グリーン車⇒のぞみ3両、みずほ・さくら0.5両(半室)

指定席・グリーン車の座席数が大幅に少ないです。

指定席に関しては、一両当たりの座席数がみずほ・さくらの方が大きく少ないので、座席数でいうとのぞみの半分以下です。

座席数が少ないことと、本数が少ないこととの相乗効果で座席が埋まりやすくなります

 

まとめ

外見や速さはほとんど同じの「のぞみ」と「みずほ・さくら」ですが、実は内装が大きく異なることに気づいていただけたでしょうか。

指定席とグリーン車の快適さは「みずほ・さくら」の方が上で、同じ値段でもお得感が違います。

特に、みずほ・さくらの指定席の2列・2列シートは、のぞみの2列・3列の指定席よりも断然快適です。

また、内装も指定席・グリーン車はワンランク上で、ゴージャスなつくりになっています。

座席が埋まりやすいのがデメリットといえますが、いつもよりも早めの予約を心がければOK!

山陽新幹線を乗る際は、みずほ・さくらで快適に移動しましょう!

それでは、良い旅を!

最新情報をチェックしよう!